お茶のまめ知識

おいしい日本茶を買うために気をつけるべき2つのポイント

普段の暮らしの中で良く飲む日本茶。

基本的に良く飲むであろう日本茶は、煎茶や番茶などの比較的低価格のものでしょう。

しかし、低価格だからといっても味にはあまり妥協したくないもの。できるだけおいしい日本茶を選び、飲みたいですよね。

そんな方のために、日本茶の買い方のポイントについてまとめました。

それでは、日本茶を買う時のポイントをご紹介していきます。

 

日本茶を買うときのポイントなんてあるの?

もち
もち
同じ種類の日本茶ならどれも一緒じゃないの?
おちゃこ
おちゃこ
種類は一緒でもどれでもいいってわけではないよ。同じ価格で一番おいしいものが買えたらよくない?
もち
もち
買うときに気をつけないといけないことなんてあるの?

日本茶はたとえ同じ種類や価格帯であっても、味や香りに違いはあるものです。

それならば、同じ種類の中でもできるだけおいしいものを選びたくないですか?

低価格だからといってあきらめてはもったいないのです。

 

おいしい日本茶を買うためのポイント

日本茶を買うときのポイントはこちらになります。

  • 鮮度が良いものを買う
  • 味や香りをチェックしてから買う

この2つをとくに注意して買うことが大切です。おいしい日本茶を買うためにはこの2つのポイントに気をつけましょう。

それぞれについて詳しく説明します。

鮮度が良いものを買う

日本茶は簡単に言うと茶葉を乾燥させたもののため乾燥食品のように思われがちですが、実は違います。生鮮食品なのです。

つまりは日本茶は他の食品と同じように鮮度があり、鮮度が良いほどおいしいものだということです。

そのため、日本茶を買うときは必ず

  • 製造年月日
  • 賞味期限

をチェックしてから買いましょう。

おちゃこ
おちゃこ
これについて意外だと思われた方は多いのではないでしょうか?

味や香りをチェックしてから買う

茶葉の見た目や鮮度だけでは、本当に自分がおいしいと感じる日本茶かどうかはわからないものです。

日本茶は味や香りもチェックしてから買うことをおすすめします。

どうやって味や香りを確認するのでしょうか。

日本茶の試飲ができる場合は試飲をすることで味や香りがわかります。試飲ができず、茶葉の香りのサンプルだけ置いてある場合は、香りだけでもいいのでそれでチェックします。

日本茶の専門店であれば、試飲させてくれる場合が多いです。お茶を試すことができるお店ならば、ぜひ試してから購入するようにしましょう。

おちゃこ
おちゃこ
せっかく試飲ができるのなら、やらないともったいないですよ!

 

おわりに

日本茶の買い方のポイントについてご紹介しました。

日本茶は生鮮食品ということを忘れずにいてくだされば、おいしい日本茶を選ぶことができるでしょう。

あと、購入する時に新鮮だからと買ったお茶でも、時間が経つと新鮮度は薄れてしまいます。おいしい日本茶を飲むためには、保存方法や飲むタイミングも気をつけなくてはなりません。

また、いくら他の人がおいしいという日本茶であっても自分にはあんまりということもあります。

おいしいからといって買ったけど結局飲めなかったということになるともったいないです。購入しようか悩んでいるお茶の試飲はできるだけ行うようにしましょう。

\応援にポチっとお願いします!/

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ